収益向上のための手法、それがリノベーション

空室が増え始めている、家賃を下げても入居率が上がらない、といった問題でお悩みではありませんか?リノベーションは原状回復を目的とするリフォームとは違います。

  • ■リフォームとは「改装」
  • 経年劣化による設備交換や改修工事、二世帯住宅を目的とした工事など、何らかの条件を満たすことを目的とする。(物件の価値を高める数値目標がない)
  • ■リノベーションとは「改善」
  • あらかじめ物件価値を高めるための数値目標を設定し、その目標を達成することを目的とする。(物件価値を高める数値目標がある)

鶴見開発アルジはすべてのご要望にお応えします

鶴見開発アルジでは、リノベーション後の運用スタイルも含めて

  • お部屋や表装など、すべてをフル改装
  • 表装のみのリノベーション
  • 1棟~1室毎のご要望

まで、オーナー様のご要望にすべてご対応いたします。

しかし、オーナー様のご要望が必ずしも収益性向上に繋がらない場合があります。 そんな場合でも、オーナー様の”想い”を第一に、ベストプランをご提案させていただきます。

自社の賃貸部門から吸い上げたお客様ニーズに即したご提案となりますので、入居者募集から客付けまで高いレベルで行ないます。

今までに手掛けた実績による豊富な知識、独自のノウハウを蓄積。さらには、自社の集客窓口であるミニミニやRooMYのネットワークにより地域の賃貸ニーズを知り尽くしているからこそ、鶴見開発アルジだけの計画立案・ご提供を行ないます。 これらの裏付けにより、鶴見開発アルジではオーナー様に安心と納得の上でご提案を進めることが可能となります。

お問い合わせ